introduction
chapter
profile
interview

ロベール・ドアノー(Robert Doisneau)

1912年パリ郊外のジャンティイに生まれる。エコール・エスティエンヌで石版を学び、写真家アンドレ・ヴィニョーの助手となる。1932年、初のルポルタージュ「蚤の市」が『エクセルシオール』紙に掲載される。その後、ルノー社のカメラマンなどを経て、1939年フリーとして活動を開始。
1949年から51年まで『ヴォーグ』誌の契約カメラマンとして、ファッション写真や社交界を撮影。特にパリの庶民たちの日常をとらえた写真で高い評価を得、1951年にはニューヨーク近代美術館で開催された「5人のフランス人写真家」展に、アンリ・カルティエ=ブレッソン、ブラッサイ、ウィリー・ロニ、イジスとともに出品作家に選ばれる。
1974年、アルル国際写真フェスティバルの特別招待作家となる。1992年、オックスフォード近代美術館(英国)で大回顧展「ロベール・ドアノーに捧げる」開催。
2000年、「パリ市庁舎前のキス」撮影50周年を記念して、パリ市庁舎前広場に大型プリントが展示される。
2012年、生誕100周年を記念して世界各地で多数展覧会が開催される。ニエプス賞(1956年)、仏国内写真大賞(1983年)など受賞多数。1994年逝去(享年82歳)。

ロベール・ドアノー年譜